カテゴリー:Life

生活に関すること、思考に関すること

ホームPage 1 / 212
  • Life
【簡単】自由に生きる方法はたった2つだけだった!という話

「自由に生きる!」魅力のある言葉です。私も過去に何回も考えたことがあります。ただ、自由に生きるためには、何かと越えなければならない壁が存在します。

その人の生きざまにもよりますが、「柵(しがらみ)」というものがあります。その中でも「婚姻関係」「親子関係」などの、いわゆる「身内」といわれる関係が大きくあります。

特に「婚姻関係」に関しては、「養う」とか「協力して生活していく」などの「責任」があり、これを反故にすることはモラル的にも何より自分も気持ちが萎えてしまいます。

「ではどうすれば自由に生きていけるのか?」

  • 結婚前に気づくこと
  • 結婚後であれば「お金」の問題を解決すること

この2点だけです。

結婚前に気づくことができるのか?

そもそも、なんで人は結婚したがるのか?といことですが、これには「生物学」的な領域になると思いますので詳しいことは置いといて、要は「子孫繁栄」のためです。

そして、「結婚」とは「争いをしないで子孫繁栄に勤しめるより安全な方法」なので皆がそれを選択することはごく自然で当たり前のことです。

では、どうしたら「結婚しなければ自由になれる!」に気が付くことができるのでしょうか?これは至極簡単なことで「結婚してみる」ということです。

私は2度の結婚経験がありますが「結婚していなければ自由になれる!」 に気が付いたのは2度目の結婚後20年経ってからです。

「最初の結婚」→「離婚」
この時は「結婚相手との問題だ!」と思っていましたが、実はそれは自分の本質的な面を理解していなかっただけのことでした。これが2度目の結婚をしてしまった理由です。

このことを全面的に「間違った!」とは思っていませんが、現時点での「自由に生きたい!」という自分の気持ちを考えてみたら慎重になるべきだったと思っています。

結婚する前に「結婚」に対しての評価はしがたいものです。やはり、とても素敵に感じられます。実際に多くの人たちが結婚生活に概ね満足していると答えられます。(あくまでも、トータルでという意味)

結婚後であれば「お金」の問題を解決すること

当たり前の話ですが、結婚前と比べてかなり難易度は上がります。その中でも一番の問題となってくるのが「お金」です。

もちろん、「愛情」とかいう好き嫌い的な感情もありますが、20年以上経過するとその辺の感情は薄れてきて、どちらかといえば「生きていくためのパートナー」的な存在となってきます。

この感情の変化は、私が思うに「子孫繁栄」の活動を終えたからだと考えています。その役目を終えたため、それぞれを必要としなくなってしまったというわけです。

そういう意味では「お金」の問題が解決できていれば、場合によっては簡単に解決することができます。つまり、「自由に生きていきたい」と考えるのが「お互い」であれば、それはお互いにとって良いことなのです。

もう一つの選択肢がある?これを選択している人がほとんど

つまり、結婚生活は継続しているが「できる限りお互いを干渉せずに生きていく」という方法です。

このタイミングは「定年時」「子供が独立」など生活が「2人」になった時が多いようです。「熟年離婚」するタイミングもこの時です。

この時に例えば、「子供夫婦と同居」または「近くに住んでいる」とかあれば、また状況は変わってきます。再び「子孫繁栄」の手助け的なことに集中できるはずです。

あとがき

「自由に生きる!」ほんとに魅力的な言葉です。

私の場合、自由な生き方と聞いてピンとくるのはムーミンに出てくる『スナフキン』ですね。彼は数多くの名言を残しています。

私のお気に入りの言葉を一部ご紹介します。

自分の入りたくないところへ無理やり入れられたら君はどうする?自分のやりたいことを押さえつけられたら君はどうする?

みんなと同じことをするのはたやすいことだ。

どこにもなかったら、自分で作ったらどうだい?できるかどうかはやってみなければわからないんじゃないかな。

話は少しズレましたが、やはり現実的な問題として結婚している状態でしたら、そう簡単にはいかないということです。

ただ、今の世代の若い人達に関して言えば、「自由に好きなことをして生きる」マインドを持ち合わせている気がしています。

私の子供らも全くその傾向があり、「家にお金も入れず!」「携帯代も払わず!」「服も買ってもらい!」「シャワー1時間も浴び!」「爬虫類を飼い!」「高級車に乗り!」などなど...とてつもなく自由で羨ましい生活を送っています。

そして全く『結婚』に関しては興味がないみたいです...恐るべし

カテゴリー
  • Life
ミニマリストの持ち物はとってもシンプル!「断捨離マインド」でお金が増える?

ミニマルな生活つまりシンプルでなければお金は増えない

当然ですが、出費を減らさなくてはお金は増えません。私の今一番の目標は以下のとおりです。

「シンプルな生活で出費を減らし、そこそこの収入で先々の自由な暮らしを実現する。」

以前は割とガチャガチャとしたものがいっぱいの「研究室」を感じさせるような「棲家(すみか)」的な生き方というか暮らしというかものがしっくりと来ていたのですが...

年齢を重ねるとともに色々と邪魔に思えるようになり始めてきています。

「ミニマリスト」への憧れ的なものはありましたが、以前まではなんというか『格好がいいから!』『お洒落だから!』みたいな感情だったと今は思えます。

また、最近では「副業」にかなり興味を持っていて色々と模索している最中ですが、「お金を増やす!」ということは「お金を減らさない!」こととセットで考えないといけないとようやく気が付きました。

つまり、豊かな暮らしをしていくためにはミニマルな生活を実践することが収入を増やす算段をする前にやるべきことです。

ミニマリストのはじめは断捨離から!

多くの本などで「ミニマリストのはじめは断捨離から!」と言われます。ここでは「断捨離」を行う準備として心構え(マインド)をお伝えします。

断捨離とは、不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。

出典: Wikipedia

つまり、「不要なものを処分して入ってくる不必要な物を断つ!」そうすれば物への執着から離れられるということです。

捨てることのメリット

捨てることで生活が驚くほど好循環になります。ここで大事なことは「循環」させることです。

つまり、「必要な物」をとりいれて「不要な物(不要になった物)」を排出していくことで良い循環が生まれ、「気持ちの良い生活」を送ることが可能となります。

<捨てることのメリット>

  • 物の見極めができるようになる
  • 選択の時間が大幅に短縮できる
  • 毎日が気持ちいいと思えるようになる

実践の前に「断捨離マインド」になろう!

断捨離を実践に移す前に「断捨離マインド」に頭を切り替えておく必要があります。どういうことかといえば、「もったいない感情」や「捨てなければよかったを恐れる感情」が働いて捨てる作業もなかなか進まないことになっていきます。

それどころか、「そもそも断捨離の必要ってあるの?」みたいに断捨離自体を否定してしまう感情になってしまいます。

<断捨離に必要な3つのマインド>

  • 「自分にとって良い物」を最優先する
  • 「もったいない」の本質を知る
  • 「捨てなければよかった」を恐れない

断捨離を行うためのマインドはこの3つだけです。

詳しく説明します。

「自分にとって良い物」を最優先する

これはとても簡単なことで「他の人によいも物」であっても「自分にとってよい物」とは限りません。もちろん、わざわざ人と違うものを使う必要はありませんが、自分にとって「良いも物」「必要な物」を使うようにしましょう。

「もったいない」の本質を知る

「物は使ってなんぼ!」です。「物を大事にする=大事にしまっておく」ではないのです。物は使ってこそ生かされるということ、そういう意味では使わなかったら「物を粗末にしている」ということになります。

「捨てなければよかった」を恐れない

捨ててしまった後に「捨てなければ良かった!」と思うこともたまにはあると思います。捨てる時点では「これは不要!」と思い捨てたわけですので、そのことは決して失敗ではありません。

経年とともに「自分にとって必要な物」「自分にとって良い物」は変化します。たまには後で「あれは必要だったな」と思うこともあるかもしれませんが、その時はまた「必要か必要でないか判断すればよい!」のです。

「便利な物」=「必要な物」と考えてしまうと必ず個別に物が増えてしまいます。「不便」=「悪い物」ではありませんので、そこは上手に使用頻度や「不便を楽しむ!」ような考え方もあるのではないでしょうか。

あとがき

今回お伝えした内容としては、生活をシンプルにして出費を抑えることができるなら、そこまで大きな収入は必要なく豊かな生活が送れるということをお伝えしました。

このことに関しては人それぞれの考え方があり一概には言えませんが、「沢山の収入を得て都会に住み高い地代を払い、高級車に乗る」を目指す人も多くいらっしゃるとは思います。

私は現在53歳のサラリーマンで33年間年金(企業年金、個人年金含む)を払い続けてきました。このまま定年まで働いたらある程度の将来の暮らしは保証されます。(定年まで働かなくてもある程度はすでに保証されています)

私のような状況の方はとても多いのではないかと思います。世間的には「リストラ対象ど真ん中!」ですが、出費を抑えるシンプルな生活(ミニマルな生活)が出来さえすれば「将来はとっても明るい!」です。

カテゴリー
捨てる勇気が必要な時が来た!|生活を豊かにするために「持ち物を捨てる!」のはじめの一歩

物が増えすぎて困っている人が増えています。これは「断捨離」「片付け」関連の書籍、動画などの急増にもわかることです。

自分の暮らしが「モノ中心」になっていませんか?各有私もその一人です。何かと時間がかかってしまいます。

服選び、掃除、、、いい加減嫌気がさしてきます。

こんな人に読んでもらいたい↓↓

  • 持ち物が増えすぎてこまっている
  • しかし、捨てることがなかなか出来ない
  • ついついもったいないと思ってしまう

捨てる勇気が必要ですが、今がその時かもです

今の生活に大きな不満はないのですが、なんかこのままでは行けないような...なんか違うような感じがしています。

なにか変化を求めているのですが、変化を恐れている気がしています。まぁこのような時は既に「変化したい!」と考えていると捉えて良いかと思います。

  • まず、その一歩目が「捨てること」です

本当の「もったいない」に気がつくこと

役に立たないものは生活するにあたって邪魔になるだけで、増えれば増えるほど負担がましていきます。その「不要」と言われているモノも本来のあるべきところにあれば「必要」なモノです。自分にとってもモノにとっても「もったいない」ことです。

選択が多いと考える力が下がったりとメリットはない

人の考えることの多くは「選択」です。人は選択をすると消耗しますので、できるだけ有用なことにその選択を費やしましょう。

朝、着ていく服を選ぶとか靴を選ぶみたいなことに選択を強いられることがないような環境にすることがよりよい暮らしへとつながっていきます。

具体的な捨て方について

言い方はどうかと思いますが「捨て慣れ」すれば捨てるのがそんなに苦にならなくなってきます。

まずは難易度の低いものから捨てていくということです。

カテゴリ難易度
ただのゴミ紙くず、包装紙など
期限切れ商品冷蔵庫内の整理★★
空き箱等電化製品の空き箱★★
壊れたものお皿、電化製品等★★★
重複しているハサミ、コーム等★★★★

慣れてくると、それは単純な「作業」となります。まずはこの程度からやり始めるとよいでしょう。

これら難易度の低いものでも「なんかちょっとだけすっきり!」みたいな快感があります。

私の体験談として、、、
食料品を販売してると、必ず「廃棄」が毎日発生します。 新人さんとかが廃棄作業(実際にゴミ箱に捨てる作業)をすると『わーもったいなーい!!』みたいな声が連発するのですが、これが2~3日もすると『・・・』淡々と黙々と作業します。つまり、感情の入っていない作業となっています。

あとがき

今回は「物を捨てる」の始まりの一歩目を紹介しました。まだ、ちょっとした掃除に毛が生えたようなものですが、この一歩が意外とできないものです。

今回味わう「ちょっとしたすっきり感」(ミニ快感)がなんか「もやもや」っとした気分をサッと払ってくれます。

少しだけですが、スペースが空いてなんか「進展した感」があります。なんか、「もっともっと!」と元気が出てきます。

カテゴリー
タグ
  • Life
効率を上げることは大事だが高年齢の人にとってはそう大事ではない

最近のSNS等でビジネス系の思考を発信されている方の中には「効率」を上げることを勧められている方を多く見かけます。

より大きくビジネスなどを加速させて大きく稼ぎたいと考えている方にとってはひょっとしたら「最重要」なのかもしれませんが、そこまで大きな稼ぎを求めてなく「仕事も人生も楽しみたい!」という人にとっては少し考え方も変わってくると思います。

50代とかの人にとって効率を上げることはあまり大事ではない

これは、どんな人生を送りたいか?ということが関係しくることで、それこそ「人それぞれ」となります。

人生お金が全てではないが、大概のことはお金で叶う!

とか言われます。

概ね正解と思いますし、実際にお金が無かったら生活自体が成り立ちませんし、「効率」がどうこうとか「どんな人生にしたい」どころではありません。

  • どんな人生を送りたいか?
  • お金はどれくらい必要か?
  • 仕事以外のことをどれだけ楽しみたいか?

などでかなり変わって来ます。そこまで効率を考えなくても良い場合もありますし、生き方や楽しみ方によってはむしろ効率的でないほうが幸せな場合もあります。

ひとつの例としてこんな人生もありではないでしょうか?

これは、今後の私の収支ですが(60歳定年時点から)

生活費⇢20万円/月✕25年=▲6000万円

年金 ⇢18万円/月✕20年=+4320万円

退職金⇢+2000万円

再雇用⇢14万円/月✕5年=+840万円

この太字の部分の収支が貯金ができるか食いつぶすかの分かれ目となります。

生活費に関しては、持ち家かどうかや住んでいる地域の地価にもよります。もちろん、低ければ低いほど良いです。

まあ、一般の会社員のかたの老後に関してはこんな道を進まれるのかと思います。あとはこれに「楽しみに使うお金」があればより良い生活が送れるのではないでしょうか。

これはあくまでも私のように50代でリタイヤまでの期間が短い人の話なので20代や30代などまだまだ先が長い人にとってはちょっとずれた話になってしまったかと思います。

結局、年金っていくらもらえるか?

先日、管轄の年金事務所に行ってきました。目的は嫁さんの「特別支給の老齢厚生年金」受給の手続きです。我が家の場合は「私→53歳、嫁→61歳」と8歳ほど嫁さんが年上なので、そのような手続きは嫁さんの方が先です。

「特別支給の老齢厚生年金」 とは

昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の支給開始年齢が60才から65才に引き上げられました。支給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられたのが「特別支給の老齢厚生年金」の制度です。
「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには以下の要件を満たしている必要があります。

引用元:日本年金機構

・男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。

・女性の場合、昭和41年4月1日以前に生まれたこと。

・老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。

・厚生年金保険等に1年以上加入していたこと。

・60歳以上であること。

引用元:日本年金機構

結局のところ、65歳までの5年間にかぎり2か月に一度2~3万ほどもらえるそうです。ついでに私が65歳でもらえるようになった時の金額も聞いたようで、夫婦で上限の28万近くもらえるそうです。思ったよりも多くもらえるだ!って感心しました。

あとがき

繰り返しになりますが、人生は人それぞれです。自分にとってはどれが幸せなのかは自分で選ばなくてはいけません。

  • お金があればあるほど良い
  • 楽しみ重視
  • 家族との時間が一番大事

などなど...

私とか50代はそう多くの選択肢はありませんが、確実に生きていける道もあります。逆に若い人たちはとても多くの選択肢がありますが、まだまだ、確実に生きていけるかといえば(?)です。

ただ少なからず、人生には楽しみは必要です。

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 212